抑肝散は精神に効く漢方【適切な服用量をしっかり守る】

精神安定に効く漢方薬

医者

副作用に注意し正しく服用

認知症や精神疾患の研究で注目を集めている漢方薬「抑肝散」は、漢方の中でも、比較的、効果が出やすい薬として知られています。元々、子供の夜泣きや癇癪が治まるとして古くから使用されてきましたが、最近の研究で、心療内科や精神科の分野でも効果があることがわかってきました。抑肝散の主な働きとして挙げられるのが、イライラを鎮めたり不安感をなくしたりするといった「精神安定薬」のような働きです。様々な配合薬が含まれていますが、その中でも「チョウトウコウ」という興奮に繋がる神経に作用して、気持ちを静める薬効が特徴です。さらに、神経過敏に効果があることから、不眠症の改善にも繋がるため、「興奮してなかなか寝付けない」という人にも処方されています。また、漢方と言えば「効果が出るまでに時間がかかるのでは」という声も聞かれますが、抑肝散は数週間で効果が出やすい、即効性がある漢方薬としても知られています。そのため、効き過ぎて副作用が起こる心配もあるため、服用量と頻度には十分配慮することが必要です。必ず、担当医のアドバイスを守って正しく処方し、異常を感じた時はすぐに服用を止めて医師に相談することが大切です。「抑肝散」は古くから使用されてきた漢方薬で、即効性と効果に定評があり、あらゆる内科や心療内科等で処方されています。興奮を抑えて気持ちを落ち着かせ、不眠やイライラに効くとされていますが、効果が出過ぎるため、中毒性があることも事実です。担当医の処方を守らずに自己判断で多量に服用したり頻繁に服用したりすると、胃腸の不調や下痢などの副作用が表れるため、注意することが大切です。いくつかある副作用の中でも特に注意したいのが、腎臓などの大事な臓器にも影響が表れる「低カリウム血症」です。カリウムは人体の中で大切な役割を担っており、血中のカリウムが低下すると、神経伝達や筋肉の働きに影響が表れることがあります。抑肝散を服用していて、急に手足がしびれたり、手足に力が入らなくなったりした場合は、すぐに担当医に相談して薬の服用を止めるようにしてください。抑肝散は古くから子供にも使用されてきた漢方薬で、比較的、安全で効果が出やすい漢方薬として知られています。その効果を最大限に発揮させるためには、用法を守り、副作用に注意しながら服用していくことが大切です。

Copyright© 2018 抑肝散は精神に効く漢方【適切な服用量をしっかり守る】 All Rights Reserved.