抑肝散は精神に効く漢方【適切な服用量をしっかり守る】

看護師

体に優しい漢方で心穏やか

抑肝散は、処方に保険が適応される場合とそうでない場合がありますが、平均して一週間で二千円程度から購入できる漢方薬と言えます。症状に合わせて服用量を変える必要があるため、定期的に通院することを考慮して病院を選ぶことがおすすめです。

詳しく見る

医者

精神安定に効く漢方薬

古くからイライラや小児の癇癪に効果があるとされてきた抑肝散は、認知症の症状抑制や精神安定薬としても使用されています。服用の際は、消化器系や低カリウム血症などの副作用に注意することが大切で、用法を守って適切に服用する必要があります。

詳しく見る

カウンセリング

不安感やイライラを緩和

現代社会はストレスが多いため、精神的にイライラしたり、不安感や緊張を感じやすく、不眠などで悩んだりしている人が増えています。抑肝散は漢方薬の一種ですが、イライラや不安、緊張などを和らげる効果があります。5歳以上のお子様も服用できます。

詳しく見る

医療

漢方薬による治療

精神面の不調に良い薬には色々な種類がありますが、抑肝散も精神の安定に役立つとされる漢方薬です。元々は子供の夜泣きなどに使われていた薬で現在では更年期のイライラなど幅広く活用されています。服用の際は医療機関に相談しておくとより安心です。

詳しく見る

看護師

神経の高ぶりを鎮める

精神疾患に効果的として、精神科などで活用されるのが、抑肝散という漢方薬です。イライラしたり、落ち着きのなさ、こうした症状にも効果的で、更年期から伴う抑うつ、肝疾患からの抑うつ、こうした症状で悩む患者に服用が勧められています。

詳しく見る

漢方で精神症状を改善

ハートと聴診器

お年寄りや赤ん坊にも

精神的な不調には抑肝散が効きます。古くからある中国由来の漢方で、天然の生薬から作られています。女性に多い更年期障害の悩みや、お年寄りの認知症など、精神の乱れを伴う症状の多くが改善します。赤ん坊に使えることも抑肝散のいいところで、夜泣きや癇癪を起した時に鎮静薬として使われることもあります。精神科では、現在でも治療薬として処方されることがあります。抑肝散は緩やかに効くことが特徴で、刺激の強い薬は嫌という人でも無理なく飲めます。化学薬品ではないため体の負担も小さく、精神症状を落ち着いて治せるのがメリットです。副作用もないのですが、抑肝散の成分にはカリウムの排出を促す効果があり、その亢進による低カリウム血症には注意が必要です。この警戒のため、服用する人には定期的な血液検査を受けるように勧告されます。もし、カリウム濃度の低下があれば処方薬の交換もあるので、絶対に行くようにしましょう。カリウム濃度の管理がうまくできれば、精神の安定剤として優れた効果を発揮してくれます。抑肝散の精神安定作用はうつ病や不安障害にも効き、それらで悩んでいれば若い人に処方されることもあります。実際に抑肝散を飲んで不眠が改善した人もおり、改善できる症状がかなり多いことが分かります。あらゆる年代の人に役立つ効能を備えているため、現代人の大きな助けとなる漢方と言っていいでしょう。精神科で処方されるほか、市販品を購入することでも手に入るので、もし不調で悩んでいるなら購入を考えてみましょう。抑肝散を飲む時は、食前か食間に飲むようにします。漢方薬に共通するのですが、胃の中に食物が入っていない方が効果が出やすく、症状の改善が早いです。服用時は常温の水か白湯と一緒に飲みましょう。一般的な医療薬と同じように、大量服用で効果が強まることはないので、適切な服用量をしっかり守るようにします。また、医師の指示に従うことも重要です。処方された時はもちろんですが、購入した場合も一度医師に相談し、詳しい情報を聞いた方がいいでしょう。十分な薬効は、薬を知ることから生まれます。

Copyright© 2018 抑肝散は精神に効く漢方【適切な服用量をしっかり守る】 All Rights Reserved.